電子消費者契約法とは

知識として知っておこう

出会い系サイトのみならずインターネットを利用する上で消費者を守るための法律と言うのは多く誕生してきました。その中でも電子消費者契約法というのが誕生しました。

これは簡単に言うとパソコンやスマホで消費者の操作ミスの救済、契約の成立においてしっかりとした決まりを定めたものです。

例えば出会い系サイトの迷惑メールの中でURLをうっかりクリックしてしまったら登録が完了したので料金を払ってくださいと言うむちゃくちゃな要求に対して支払わなくていいと言うものです。

他にも18歳未満の場合であればたとえサービスを利用したとしても料金の支払いをしなくても良いと定められています。そもそも出会い系サイトは18歳以上でしか利用できないものです。

にもかかわらず18歳以上が利用できてしまう状況のままにしているほうが悪いでしょ?っていう考え方になります。

他にも有料サイトでお金がかかることに了承するボタンがあるかどうか?登録内容を確認するものがあるのかどうか?料金の金額に関しても具体的な料金が書かれている、もしくは専用のページがサイトのトップページからすぐに分かるように設定されているのか?といった細かく指定されています。

今の時代は出会い系サイト利用者と言うのは非常に法律が味方をしてくれています。ですから騙されたと思ってもあわてずに対処をすることが大切です。

騙されて泣き寝入りしてしまったり騙されたことが恥ずかしいから一人で解決しようとするのだけは止めておきましょう。